大鳥居の歯医者|小児歯科なら、ふれあいファミリー歯科

ご予約・お問い合わせ

0337451460

歯を白くしたい方へ

ご自身の歯を今より白くしたい、という方には、まずPMTC(クリーニング)をお勧めしています。それよりもさらに綺麗にしたいという場合は、ホワイトニングという方法もあります。

また、人工歯(ラミネートベニア)を貼り付けることもできますが、今ある歯を削る必要があるため、慎重に検討する必要があります。

PMTC

虫歯や歯周病の原因である、歯垢(プラーク)や歯石、バイオフィルム。そして、カレーやコーヒーなどの着色汚れ(ステイン)は、どんなに気を付けて歯を磨いている方でも、知らず知らずのうちに付着してしまいます。特に一度、歯石やバイオフィルムが形成されると、ブラッシングで除去することは困難です。

その際に効果的なのがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる歯科専門医による徹底的な清掃です。

専門器具を用いたクリーニングにより、蓄積しがちな歯垢やバイオフィルム、ステインなどを取り除くことができます。また、歯を研磨することで、表面が滑らかになり、汚れが付着しにくくなるなどのメリットも期待できます。

毎日のブラッシングに加えて、定期的に歯科医院でPMTCを行うと、美しく健康な歯を維持することができるでしょう。

ホワイトニング

歯に付着した汚れを研磨するPMTCを定期的に行うだけでも、美しい歯を維持できます。しかし、それ以上に白く美しい歯を求める方には、エナメル質内側の象牙質まで白くすることのできるホワイトニングを提案いたします。

歯を削ることなく、専用の薬剤ジェルを塗布し、歯を漂白していく方法です。薬剤に関しては国の認可を得たものを使用しているので健康面に影響はありません。当院では、ホームホワイトニングを取り扱っております。

ホームホワイトニング

歯科医院で、患者さん専用のマウスピースを作成し、ご自宅でホワイトニングを行う方法です。マウスピースにホームホワイトニングの薬剤を塗り、それを装着し歯を白くしていきます。

ご自身で毎日行う必要があるため手間がかかりますが、オフィスホワイトニングよりも長持ちします。

ウォーキングブリーチ

健康な歯には神経が通っているため、きれいな白色を保っています。しかし、神経が死んでしまうと、その歯だけが黒ずんでしまうことがあります。そんな時に元の白色に戻す方法が、ウォーキングブリーチです。ウォーキングブリーチとは歯の中に漂白剤を入れて、歯の内側にある象牙質の漂白をすることで、神経が死んでしまった歯でも白色に戻す方法です。

1回だけでは完全には白くならず、何度も薬剤を入れ替える必要があり、希望の色になるまでには通常1ヶ月前後かかります。また、神経がなくかつ、根の先まできちんと処置がされていることが条件となります。

ラミネートベニア

色が気になるエナメル質の一部を削って、薄いシェル(セラミックなど)を貼り付け、他の歯と色調を調和させていく治療法です。付け爪のような施術をイメージされるとわかりやすいかもしれません。

ラミネートベニアは、矮小歯(通常より先天的に小さい歯)などによって歯と歯の間に隙間がある方などにお勧めです。健康な歯を削る必要があるため、単純に歯を白くしたいだけの方にはあまりお勧めしておりません。