大鳥居の歯医者|小児歯科なら、ふれあいファミリー歯科

ご予約・お問い合わせ

0337451460

歯周病治療

歯を失う原因の第一位が歯周病です。驚くべきことに、日本の成人の約8割が歯周病にかかっていると言われています。

その理由として挙げられるのが、歯周病特有の症状の気づきにくさ。歯周病は、磨きのこしなどが原因で細菌の塊である歯垢(プラーク)が歯に付着し、炎症を引き起こすことで始まります。この状態はご自身の丁寧なケアで改善できますが、歯垢が歯石やバイオフィルムを形成し始めるとブラッシングだけでは除去できません。放っておくと徐々に歯と歯肉の間に進行し歯周ポケットを形成します。歯周ポケットの中は、じめじめと暗く、嫌気性の細菌にとっては格好の繁殖スペースです。知らず知らずのうちに、症状が進行してしまうのです。

「歯を磨いたら血が出る」「歯肉が腫れている」「口臭が気になる」といった段階から、いつの間にか、「歯がぐらぐらする」「食べ物がうまく噛めない」などの自覚症状が出て、最悪の場合は抜歯を選択しなければならないこともあります。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病の怖いところは問題がお口だけに限らないことです。歯肉には毛細血管が通っており、症状が進行すると、細菌が血液を通して全身に伝わっていきます。その結果、糖尿病、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、アルツハイマー、骨粗しょう症などの引き金となり、妊婦においては早産のリスクが高まります。また、歯は食べ物が最初に通過する消化器官。つまり、歯を失うことは、運動機能の低下や食事の楽しみが減るなどクオリティオブライフ(生活の質)を下げる一因になります。

歯周病の進行

健康な歯

健康な歯は、歯と歯肉の間にゆるみや隙間がまったくありません。

歯肉炎

細菌の塊である歯垢(プラーク)を放置しておくと、炎症が起き、徐々に歯と歯肉の間が開いていきます。

歯周炎(軽度)

歯肉炎が進行すると、歯垢や歯石が歯周ポケットの中に蓄積し、歯槽骨が溶け始めていきます。「歯肉がぶよぶよと柔らかい」「歯磨きを行うと出血する」「口臭の発生」などの症状がみられます。

歯周炎(中度)

歯肉が後退し、歯槽骨がかなり溶けてしまっている状態です。「歯がぐらぐらし始める」「食べ物がしっかり噛めない」「膿が出て来る」などの症状が見られます。

歯周炎(重度)

歯槽骨がほとんど溶けてしまっている状態です。ここまで症状が進行すると、ほとんどの場合抜歯を行わなければなりません。

歯周病治療の流れ

歯周病治療に効果的なのは、口腔内の細菌数を減らすプラークコントロールです。そのため、まずはしっかりクリーニングを行う必要があります。歯周病が進行している場合は、歯周ポケットの深さを測って、奥深くにある歯垢や歯石を丁寧に除去していきます。歯の表面を研磨することで、汚れの付着を防ぐ効果もあります。

また、患者さんのお口の状況によっては、抗生剤の塗布やレーザー治療を提案いたします。そのほかバクテリアセラピーによる内科的な側面からの治療も歯周病には効果的です。

最近の研究結果によると、定期的なメインテナンスを行うことが、歯周病を予防していくうえで有効だと明らかになっています。そのため、歯に少しでも違和感を覚えたら是非当院までお気軽にお越しください。

セルフケアのアドバイス

治療のや治療後のメインテナンスの際は、お口の中の状態をカードに記入し、経過を記録として残して管理していくようにしています。また、患者さまにも配布しておりますので、これにより毎日の歯みがきでどこが磨けていないかが分かりやすくなり、セルフケアの精度向上につながります。